小さいころから太っていて自信のなかった私が出会い系により変わった

私は神奈川在住、26歳のOLで事務職をしています。
出会い系を始める前まで、私は彼氏ができたことがありませんでした。
理由は太っているからです。
物心ついたときから私は太っていました。
家がケーキ屋でもないのになぜかというと、お母さん代わりだった祖母がよくお菓子を作って私に食べさせていたからです。
我が家は共働きだったので祖母がよく私の面倒を見て可愛がってくれていました。
週に数回は手作りのお菓子を食べていて、幼稚園に入る頃には既に他の子よりぽっちゃりしていました。
この頃は自分の体型がまったく気になりませんでしたが、小学校に入るとさらに体重が増し次第に男子から、からかわれるようになって悲しかったです。
中学生になってダイエットをしようと思いましたが、祖母が作ってくれるお菓子を食べないのも悪いと思い結局この頃ダイエットは諦めました。
そして男子にからかわれるのが嫌で、私は高校で女子高を選択しました。
しかし、今度は女子から陰で私の体型に関してこそこそ言われるようになりました。
これが原因で私は人づきあいが苦手になり地味な学生時代をすごしました。
身長158cmで体重65kgのまま短大へ進学して、パソコンが得意だったため事務職に就きました。
これが20歳のときですが、就職をきっかけに地味な私はやめました。
髪を染めて化粧をしてファッションに気を使い、そうすることで自身を取り戻そうとしたのです。
おかげで社内の人間関係は上手くいき、そのうち私は彼氏がほしくなりました。
とはいっても友達もあまりいないし女性だらけの職場だし、体型は変わらないのでどうしようかと悩みました。
ですが、そんなある日同僚がスマホで出会い系をやっているのを知り、私はこれだったらと考え思い切って登録してみました。
恥ずかしいので写真は載せず、そのかわりプロフィールはしっかりと載せてドキドキしながらメッセージを待ちました。
すると、登録してから一日も経たずに男性からメッセージが送られてきました。
今まで男性と縁がなかった私が、道端でナンパされたようでとても嬉しかったです。
このときの嬉しさは一生忘れないでしょう。
これだけでも登録して本当に良かったと思いました。
男性は私より10歳年上でメッセージを何通かやりとりしてとうとう会うことになりました。
初めてのデートの日、私はめいっぱいオシャレしていたと思います。
予めぽっちゃりしていることは伝えておいたので、体型のことは何も言われませんでした。
むしろデート後にまた会いたいとまで言って来てくれました。
それから数回デートを重ね、私はその男性から付き合って欲しいといわれました。
もちろん答えはオーケーでその日の夜、私は処女ではなくなりました。
出会い系には登録して本当に良かったです。
私は恋人ができたことにより、自信がもてました。
自信がもてたことにより明るくなれたので、出会い系にはとても感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です