ブサイクでも付き合ってくれる彼と出会えました

私は26歳の会社員で、愛知県名古屋市に住んでいます。私は顔にコンプレックスを持っています。
小さな瞳に、一重で細いのが嫌いでした。少し出っ歯なのも嫌で、自分の顔を好きになるために、アイプチをしたり、歯の矯正もしましたが、大きな変化はありませんでした。
やはりもともとの顔がブサイクで、ちょっとのことでは可愛くはなれないのです。
女の子として1番綺麗な年代だとは思います。周りの女の子をみても、仕事をして、お給料でコスメや洋服を買って、旅行に行って、私もこの年代を楽しもうとはしています。でも彼氏ができないのがさみしかったのです。友人たちは楽しいクリスマスや誕生日やイベントを彼氏とすごしているのを見ていると羨ましくてたまりませんでした。
友人にどういうふうに出会ったかを訊いてみても、合コンや紹介が多くて、私は合コンも紹介もあまりしてもらえそうにないので、どうしたらいいのか悩んでいました。一度街コンにも出てみたのですが、あまり男性と話すことができず、私はこういうのは向いていないと分かりました。
そんな時にネットサーフィンをしていたら、出会いコミュニティを見つけまいs田。私は彼氏、出会いについて検索をしていたから、目についたんだと思います。
そして登録を勇気を出してしてみました。ブサイクな私でも登録ならできました。そしてしばらく画面を見ていたら、さっそくメールが届いたのです。友達になってくださいというメールや、ご飯に行きましょうと言うようなものまで、どんどん届いてきたのです。
出会いなんてないと思っていたけれど、出会いコミュニティなら出会えそうな気がしました。
そしてひとりメールが盛り上がった人がいたのでデートすることになったのです。
彼はラーメン好きで、私もラーメンが好きなので、一緒に気になるラーメンを食べに行くことになったのです。待ち合わせをして、彼が私の前にきました。ブサイクな私にがっかりすると思いきや、すごく元気な声で「はじめまして、ラーメン食いに行きましょう!」とお腹が空いている様子で話しかけてくれました。
わたしとは違う明るくて元気な彼、私も挨拶をしあtけれど、うまく笑えていたか心配でした。ブサイクな私で良かったかなと思ったりしました。でも彼はそんなこと気にしていなく、一緒に私をお気に入りのラーメン屋さんに案内してくれました。
次郎系のボリュームのあるラーメンで、私はもやしのたくさんはいっているラーメンに感激しました。彼が頼み方を教えてくれて、一緒にラーメンを食べました。
ラーメンを食べた後は、カラオケに行って、一緒にラーメンのカロリーを消費しようとふたりで歌いまくりました。そんなデートをして、すっかり仲よくなっていました。
カラオケをしていたら、同じバンドが好きなことが分かって、今度はそのバンドのライブに一緒に行こうと言う話をしました。
そしてカラオケから出るときに私が席を立とうとしたときに、彼が私を抱きしめてきました。いきなりで驚いたのですが、彼はパッと私を離して「ごめん、なんかすごいタイプで、気も合うし、ほんと出会えてうれしくて」と言ってくれました。
わたしも彼と運命のような出会いだと感じていました。私たちは初デートの後、メールでお付き合いをすることになりました。
出会いコミュニティでラーメン好きな私たちは出会いましたが、こんなに気をつかわないで楽しく自分らしくいられる彼と出会わせてもらえてほんとに幸せでいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です