中学高校と男子と話すこともなかった私がイケメン彼氏を途切らせなくなった理由

中学高校と男子と話すこともなかった私がイケメン彼氏を途切らせなくなった理由
photo credit: Www.CourtneyCarmody.com/ 176/365 - Always Kiss Me Goodnight via photopin (license)

初めまして、私は25才の京都在住の会社員です。見た目は可愛くも美人だとも言えないパッとしない容姿です。性格も容姿同様パッとせず、学生時代はクラスの可愛い女の子グループたちを見ては羨ましく思っていました。もちろん彼氏なんて学生時代はいなかったです。話したことも、実際どうしても班活動で仕方なく話すくらいですが、男の子の目を見て話すことはできませんでした。
彼氏が欲しいけど、男の子と話すことができない私は高校時代から出会い系サイトを見てはかっこいいと思う男の子にメールを送っていました。メールのやり取りの相手が写真交換したかっこいい男の子なのだと思うと、それだけでうれしくて返事が来るたびにニヤニヤしたものです。
私が何人もの男の人とメールをして、実際に会ったのはサイトを利用してから2年後でした。当時、出会い系サイトを使った犯罪が多く、学生の私は躊躇してしまったんです。
初めて会ったのは高校卒業した春、どうしても彼氏が欲しいという気持ちと男の人と普通に話せる自分になりたいと思い、思い切って待ち合わせの駅まで行きました。すると、メールでやり取りしていた通りの人で安心しました。でも、写真は盛っていたようでした(笑)。まあ私も人のことは言えません…。公園で話をしてご飯を食べて、楽しい時間を過ごしました。そして帰りになると、彼が告白してきたんです。こんなに会って初めての人に告白なんてするの!?これが噂のヤリモク!?なんて内心驚いたのですが、素直にうれしかったです。自分が緊張しながらも男の人と話せて、好意をもってもらえたということがうれしかったです。その人とのお付き合いには踏み切れず、連絡も疎遠になってしまったんですけどね。初めて男の人に告白されて断ったんです。男の人と目を見て話すこともできなかったのに。帰りの電車で人の好意を振った後味の悪さに涙を流しました。こんな思いを、私と同じ年かもっと年下の子達でも体験しているのかと思うと、私は世界を何も知らないんだなと思いました。同時に、もっとたくさんの人と出会いたい。いろんな人とお話しをしてみたい。街でかっこいいなと思うような人と好きあったりすることも、出会いの数があればあるほどチャンスは増える!と思い、私は積極的にどんどん出会い系サイトを利用するようになりました。結果、たくさんの人と出会えました。こんな私も告白される!という自信が生まれたのか、バイトで稼いだお金でふわふわしたワンピースを買ったり、アイロンを買ったり、雑誌を見てメイクの研究をしたり、年頃の女の子みたいになりました。もてたい!とも思っての行動なのですが、いつしか自己満足なのでは?と思えるほどに…(笑)格好をつければ、心の持ちようも変わるというのは本当で、街を歩いていてもナンパをされるようになりました。外面だけ変わってもダメだなあ、お互いを尊重しあえて、外も中も格好いい人と付き合いたい!と思えば、自分も努力したいと思い行動するようになりました。親や友達に紹介し合えるような人とも4人出会えました。友達にどこで出会ったか伝えるのは少々頭を悩ますのですが…。たくさんの人との出会いがあり、人と出会うことは新たな自分に出会うきっかけでもあります。彼氏がアクアリウムにはまっていたら私も興味をもったり、建築物を巡って散策したり、新たな趣味もできたりもします。そんな出会いを自分からワクワク探しに行く自分でいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です