合コンで箸にも棒にも引っかからなかった私が彼氏からの旦那をゲット

合コンで箸にも棒にも引っかからなかった私が彼氏からの旦那をゲット
photo credit: taylormackenzie Remember this via photopin (license)

私が彼氏(今の旦那)と出会うきっかけになったのはインターネットの出会いのサイトでした。当時の私は男性に頼るのを良しとしない中肉中背の22歳の新人社会人でした。仕事は介護職をしていました。大学時代には人数集めに合コンに呼ばれたこともありましたが、箸にも棒にも引っかからないので、ご飯だけ一緒に食べて自分の分を払ったら馬鹿にされる前に帰るような女子学生でした。自分でもてるような顔してないのはわかってましたし。なので男性との出会いはむしろ別の場所に求めていた気がします。職場でのイライラも相まって絶対別の業界の人と出会ってここを辞めてやる!と思っていました。そんな時、ふと出会い系のサイトを利用してみることを思い立ちました。男に頼るのは嫌だ!という思いとは裏腹に、頼れる男性と出会いたいと強く思ったのかもしれません。私的にはインターネット越しのお見合いに近い感覚だったように感じます。最近ではお見合いだって紹介された相手の内面までわかっていない方が多いようなイメージがあって(お見合いで破断した知り合いのケースをいくつか知っていたものですから)、それなら自分で出会いを探しに行っても同じじゃないかと思ったのが最初でした。いきなり電話や会ったりしなければ個人情報も洩れないし、気を付けるポイントを考えておいたりしながら数人の方とメールのやりとりから始めました。何度もメールのやりとりをしていれば考え方の違いが端々に出てきますから、徐々に自分に合う人だけに的をしぼっていきました。しばらくメールを続けていた中の一人に強くひかれて、私たちは会うことにしました。彼も実は奥手なタイプで気持ち的な突破口が欲しくてそのサイトを利用してみたと話していました。軽い気持ちでサイト利用を始めたのですが、こんなまじめな人もいるんだと不思議な気持ちになりました。自分は外見も性格もブスなんだから、バカにするやつらをはねのけてやるという気持ちで始めたはずの出会い系で本気の恋をしていました。当時彼が住んでいたのは東京で、私が住んでいたのは鹿児島でしたから、本気でする恋じゃなければ週末に何万もかけて会いに来たりしなかったと思います。自分たちの気持ちが盛り上がって結婚まで突き進んでいきました。周囲にびっくりされるような話ですが、自分たちはただ自分たちの殻を破りたくて出会いを求めただけだったので「こんな出会いだってあるよ」と自信を持って言えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です