恋をしてブスと言われなくなりました

幼稚園の頃からみんなにブスだねと言われてきた私。でも性格だけは明るくいようと思い、大きな声で笑って、お笑いも好きな元気な女の子でいようと思って、いままで過ごしてきました。
ブスでデブでしたが、友人には恵まれて寂しいと思うことはありませんでした。
20代になって学校を卒業して、愛知県で就職すると、忙しくなってそれまで仲良く友人と遊んでいた週末もなかなか遊べなくなってしまいました。そして気が付いたらみんな恋人ができていて、私とは遊んでくれなくなっていました。もうすぐ26になるのですが、今は完全にひとりで週末すごしています。
友人だけは恵まれていた私でも年頃になって寂しく過ごすことになってしまいました。
クリスマスも友人とすごしていたのですが、今年は友人たちに恋人ができてしまったので、誘えなくなってしまいました。
そしてインターネットをして休日を過ごしているうちに、婚活サイトもチェックしてするようになりました。
出会いコミュニティにも彼氏を作るために登録することにしました。そんな簡単には彼氏なんてできないと思っていたので、期待もあまりしないで登録しました。
そして登録して1週間で、私はブサイクだと言われ続けていたのに、ものすごい数の男性からデートのお誘いを受けるようになっていました。
私は、正直に自分がブサイクだと書いていました。そして焼き肉好きなことも。
すると一緒に焼き肉に行きましょう、美味しい焼き肉店知っています、など毎日デートに誘われることになりました。
そして都合の合った男性と焼き肉に行くことになりました。その焼き肉店がちょうど私の行きたかったところだったからです。
待ち合わせした男性は私よりも10歳上の会社員でした。ニコニコ笑顔で、でもかなりぽっちゃりな彼でした。なんかキャラクターのような彼を可愛いと思いました。そして一緒に肉を食べていたら、「ほんと美味しそうに食べますね」と褒められてしまいました。私は自分がブサイクだと思っていたので「ブサイクな私でもこうやって遊んでくれて嬉しいです」というと彼はちょっとびっくりした顔をしていました。
「僕は○○さんをそんなブサイクだなんて思いませんよ、可愛いですよ」と言ってくれました。
私たちはいろいろと焼き肉を頬張りながら話しました。
そして帰り際に「またデートしてくださいね」と言ってくれました。
私たちはそれから仕事終わりに良く会ってグルメを楽しんでいます。まだお付き合いはしていないのですが、恋人になれたらいいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です