コンプレックスのあった私を変えてくれた大好きな彼

コンプレックスのあった私を変えてくれた大好きな彼
photo credit: amira_a Besame mucho via photopin (license)

私28歳、現在は主婦。
これは私がデブ寄りのぽっちゃりだったころの話です。顔はまあまあ可愛いと思う。
出会いコミュニティーとは違うかもしれないが、今やSNSの時代。
出会いを求めようとすれば、簡単に募集かけることができる。

私は自分の体形にコンプレックスがあり、恋愛なんてしたことなかった。
恋愛をしてみたいという願望はあったのですが、こんな私じゃ誰も相手にしてくれないし、今まで好きな人はいたけれど、一度告白した時に、遠回しに「お前太ってるから無理」と言われたこともあって、臆病になってしまたのです。

そんな時、SNSで飲み会や、オフ会などを見かけて私はこれなら気軽に参加できるし、恋人でなくても異性の友人が出来るのではと思い、思い切って参加してみました。

実際参加してみたら、色々な人が居る。
ただ単に共通の趣味の友人を探している人や、体の関係を求めている人、恋人を探している人、ざっくり分けるとこんな感じでした。
私はこういうのが初めてだったので、軽く友人が出来ればいいなって感じでした。
一回参加したらもう怖くなくなり、何回か参加したのですが、顔なじみの人もいて楽しかったです。
その中で私はちょっと気になる人が出来たのですが、勿論告白なんて勇気はないので、ただ仲良くさせていただいていたのですが、話が盛り上がりなんと二人で飲みに行こうと誘われたのです。信じられないのと、なんか不安であまり乗り気になれなかったのですが、半ば強引に誘われ断れなかったので行くことにしました。
緊張と、普段からお酒はそんなに飲めないので余計に酔ってしまって、彼には迷惑をかけたようで、もう二人で飲みに行くことは無いんだろうなぁと思っていたら、後日また連絡をくれたのです。
お酒が苦手なら、夕飯どうですか?って。
私、初めて異性から女の子の扱いされてすごくときめきました。こんな体系の私でも彼は恥ずかしく思わないのかなって思い始めたんです。
そこから、私は彼に心を開き始めました。
彼の恋愛の話を聞いていて、私にはそんな経験今までなかったなと思うことが沢山ありました。私も今までの経験を話したいのですが、経験はなくただフラれた時の話、ずっと片思いしていた時の話しかないので、ただ恋愛はしたことが無いと伝えたのです。
彼は私は可愛いと言ってくれました。
飲みに誘ったのも、ご飯に誘ったのも、お酒を飲んだ時も裏の顔は出なかったし、ご飯に誘ったのは本当の私を知りたかったからだと言ってくれたのです。
顔が可愛くても、人の事悪く言う人よりは、裏表のない私の方が断然いいと言ってくれました。
私はこんなドラマみたいな展開があるなんて思ってなかったので、言葉が出ませんでした。
もし過去に忘れられない傷を負ったのなら俺が埋めてあげるって言ってくれました。
彼はみんながかっこいいとは言わないだろうが、普通タイプ。
背も高く、スラっとしていていかにも好青年って感じのタイプです。
そんな彼がこんなぽっちゃりの私でも好いてくれている。
見た目が全てではないんだと、改めて思わせて、気付かせてくれた彼は、今では私の夫になりました。

今でもラブラブです。
幸せってこんな風に続くんだなって今実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です