置いてけぼり地味女だった私が人並みの幸せを掴んだ平々凡々なお話

当時、私は20歳になったばかりの冴えない女子大生でした。
東京に住んでいましたが、渋谷や新宿にたくさんいるような派手なタイプではなく、服装や美容にもあまり気を使わない、合コンなんて幻のイベントだと思っている典型的な地味女だったのです。
もちろん、異性や恋人には興味がありました。地元の幼馴染や周りの友達もみんな同じように地味だったはずなのに、いつの間にか垢抜けて、彼氏ができたりする子もたくさんいました。
大学生になるまでは、私もいつか告白されて、彼氏ができて…と受け身の姿勢で考えていました。
でも、二十歳の誕生日を過ぎていよいよ、このままでは一生彼氏ができないと真剣に思い始めたのです。

大学にも男の子はいましたが、いきなり対面で私から声をかけるのは男慣れしていない私にとって難しすぎることでした。もちろん、男の子から声をかけてきてくれることはありません。
そんな時、ふと、携帯にたまにくる出会い系サイトのメールが目に入ったのです。
早速携帯で「出会い」等のワードで検索してみると、たくさんの出会いコミュニティサイトがヒットしました。
正直、こういったサイトをよく知らない私にとって、出会い系=即体の関係というようなイメージがあり少し不安でしたが、この時はかなり焦っていたので最悪そうなっても構わない!と思い切った気持ちで登録してみました。

そのサイトは登録してから、まず掲示板に簡単な自分のプロフィールを投稿し、相手からのメッセージを待つという流れでした。プロフィールを晒すことに多少の抵抗はありましたが、大学などで直接自分から話しかけることを考えれば、すごく簡単な作業に思えました。
こんな冴えない私に興味を持ってくれる男性がいるかとても不安でしたが、いざ投稿してみるとたくさんの男性からメッセージをもらうことができました。もう、この時点で私の今までの生涯にはなかったモテ経験をしている気分です。
その後もメッセージをくれる全員に返信をし、やり取りを通じてお互いの趣味が合いそうな方何人かと直接会うことになりました。出会いコミュニティを使う前はなんとなくいかがわしいイメージがありましたが、実際は相手もこちらのことをキチンと知ってから出会いたいという考え方の人ばかりで、とても安心しました!

出会いコミュニティで知り合い、直接お会いした方達の中でとても話の合う方がいて、その方と何回かデートを重ねる間に告白されお付き合いすることになりました。実は、その方とのお付き合いは今でも続いていて、幸せな毎日を送っています。

二十歳を過ぎてもオシャレに気を使わず男の子とマトモに会話できなかった私が、まさか数か月で彼氏ができてしまうとは思いもしませんでした。周りにどんどん置いていかれ、もう一生独りぼっちだと思ってダメ元で登録した出会いコミュニティで、素敵な人と出会い、以前より自分に自信が持て堂々と生きられるようになったのです。今は彼のために少しでもイイ女になろうと、メイクと料理の腕を上げ精進しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です